shadow

すそワキガも治りますか?陰部のイヤなニオイで悩んでいます

はじめは生理時の経血かおりもののニオイだと思っていたのですが、生理の頃合とは係りなくにおうので、すそワキガではないかと思っています。

私はワキガ臭が強く、何度も人からいわれた事があるため超音波ワキガ手術を受けようと思っていますが、ワキガの人の何割かは、すそワキガであるという事も聞いた事があります。

意識している男性がいるのですが、このままでは、自身の心境を告白するどころか、そばに近寄る事さえできません。

悩んでいる箇所がクリアネオ 陰部という事で、誰にも折衝できずに困っています。

初めに婦人科で診てもらったほうがいいのでしょうか?他にも、万が一すそワキガだったケース、手術で対策するのでしょうか?日下部晶子27才・会社員。

※A.ワキガを持つ人の2人に1人はすそワキガも持っているといわれています。

陰部もワキの下と同じくにアポクリン汗腺が集中していますから、ワキガ臭のある人がすそワキガにも悩まされている事例はもちろん腹積もりられます。

すそワキガは女に多く見られますが、これは生理やおりものなど、女特有の生理的現象と深く関わっているためです。

その上膣内や子宮の炎症でおりものが多くなり、色やニオイが強くなる事例もありますので陰部からのニオイが、デフォルトすそワキガだと単純に思い描く事はできません。

ニオイのきっかけをちゃんとと調べる事が必須でしょう。

さらに、超音波による手術は、アポクリン汗腺、エクリン汗腺、皮脂腺などワキガ臭のきっかけとなる分泌腺を破砕するものですから、ワキの下のワキガと同じく、アポクリン汗腺などがきっかけでニオイが生じてしているのであれば、すそワキガも同じくの手術で対策する事は無論できるです。

とはいっても陰部はデリケートなところですので、ワキの下の手術よりもその上注意深いに行う必須があります。

パンツと精子の数についての研究

イギリスのマンチェスター大学とシェフィールド大学が共同調査をし、面白い研究結果を発表した。

ブリーフなどのタイトな下着を着用している男性の精子の数を調べたところ、そうでないパンツの男性よりも精子の数が少ないという結果になったのだ。

たまに穿くならブリーフもいいだろうが、ヴィトックスαの効果でペニスがマンモスのようにけたたましくなってしまったら、長時間の着用は避けるのが無難だ。

ついでに言えば、ぴっちりのジーンズなども股間が蒸れて,精子力的には迷惑なファッションといえる。

そういう点でみると、古来からの日サイトのファッションは大変優れていた。

日本男児の下着、フンドシ。

これは通気性がよく、精子力の面からも理にかなったアンダーウエアだ。

最近は女性の間でも人気らしく、素材やデザインにこだわったものがいろいろ売られている。

臭いや雑菌の繁殖を軽減する効果がウケているのだという。

フンドシ姿でベッドインするカップルが、実は性機能も高いカップルだといえるかもしれない。

ところで、以前、精巣を冷却する機器が考案されたことがある。

水滴が定期的に落ちて気化熱で局所を冷やす、という仕組みのものだった。

しかし、常に湿った状態になってしまい、局所の清潔が保てないため広がらなかった。

ところが最近、ぐっと手軽な冷却用のグッズが登場していた。

イギリスの会社の商品で、ゲル状の冷却パッチ「FertilMateTM」というもの。

これがひそかに人気らしい。

理想的な基礎体温のパターンは「カウボーイハット型」

妊娠しやすい基礎体温のパターンは、跳び箱を跳び越えるような形です。

ちょうど、当サイトにある表のような形,平坦な低温期が続いたあと一気に体温が上がって高温期に入り、高温が水平に持続してからストンと落ち、ベジママ 生理周期が始まるというパターンです。

低温期から高温期への境界があいまいで、だらだらと上昇する場合は、卵子の成熟がうまくいっていない可能性があります。

また、高温相と低温相が二相に分かれず、平坦なグラフが続いているような場合は、生理があっても排卵されていない疑いがあります。

基礎体温表はあなたの卵巣や子宮を映す鏡。

この表があなたに、お医者さんに相談しなさいとサインを発することもあるのです。

※Coffee Break。

サイト当は子どもが欲しい人のための学説だった?「法王庁の避妊法」と荻野久作。

荻野久作という名は知らなくても、オギノ式避妊法という言葉はご存じでしょう。

この避妊法は、「排卵は周期日数に関係なく、次回生理の第1日から逆算して14日プラスマイナス2日にある」という荻野学説に基づいています。

「生理→排卵」の順番で考えられてきた体のサイクルを、全く逆の発想から問い直したことが、荻野の慧眼(けいがん)でした。

ただ、荻野自身は、「避妊法と受け取られるのは迷惑で、むしろ子どもが欲しい人に役立つ学説」であると主張していたともいわれています。

オギノ式避妊法は、避妊を禁止しているカトリックが唯一認める避妊法でもあります。

荻野久作博士が、この学説をうち立てるまでの道のりと苦悩は、「法王庁の避妊法」として戯曲化され、くり返し全国で上演されています。

また、荻野が人生の最晩年まで診療を行った新潟の医院の前は、「荻野通り」と命名され、市井の医師の名を永遠に残すことになりました。

女性は外観を若々しく整えることで気持ちまで元気になる。

吉田更年期って、「私はもう若くないんだ」と実感してしまう時期ですよね。

 

老けていくのは当たり前のことなんですが,それを受け入れない人がふえていることを感じます。

 

「このシワがどうしてもイヤ」「このシミがあるから気持ちが明るくならない」って訴える方がたくさんいます。

 

血流マッサージをして、アイメイクをして、シミやシワを目立たなくすると、「へぇ!

 

」って本人が瞬時に変わってしまう。

 

顔が変わると気持ちも変わるんですね。

 

日常生活の中の不便さということで言えば、老化に伴う体の衰えがいちばんこたえると思うんですが、容貌が衰えてくることが自信のなさにつながることは絶対にあると思います。

 

それがだんだん積み重なって、いろんなことに対しても積極的になれなくなる。

 

女性の老いでいちばん問題になるのは、この「自信のなさ」だと思うんです。

 

そこにアイメイクで外観の若さを少し加えると、それが意外と出発点になる。

 

「表に出る自信がついてきた」とか「人と話すときに笑えるようになってきた」という方が実際多いんです。

 

そうすると、それがきっかけになって、その次には「山歩きができるようになった」「ダンス教室に行けるようになった」というふうに進んでいく。

 

年齢を重ねた自分を、それなりに受け入れることができるようになるんです。

 

そうすると、その人本来の元気さが戻ってきます。

 

アイメイクそのものには、医学的な効果はありません。

 

でも、アイメイクによってその人の行動が変わってきたとすれば、それは精神医学でいっところの行動療法とか認知療法のような働きをしていると言えるんじゃないかと思うんです。

 

田村中高年の女性には、衰えていく美に対して、ある種のあきらめと、それからあがきがあると思うんです。

 

更年期障害がひどいときは、顔のことは二の次です。

 

うつがひどい、家事ができない、イライラする、頭が痛い、肩がこってどうしようもない。

 

そんなときは、とにかく今、元気になりたい、以前の私を取り戻したいというので精一杯です。

 

で、女性ホルモンの補充によってそれが改善してくると、「先生、そういえば肌が若返ったみたい」となる。

 

心身両面での若返りに気がついて、そこに喜びを感じるんですね。

 

吉田やっぱり健康がいちばん。

 

それが解決すると、パッと「美」とか「若さ」に気持ちがいく(笑)それが女性ですし、それでいいんだと思います。

 

田村それは本当にそのとおりで、更年期障害でヘロヘロになっていたときは、「若くなりたい」とか「肌のたるみをなんとかしたい」なんていうことは考えないけれど、「さて、元気になったぞ」ってところから、みなさんやっぱり気になりだします。

 

こんな元気になったんだから、外見も若々しく見えていたい、って。

 

「重力に勝てるものはないんですよ」と申し上げるようにしているんですけど(笑)。

 

それでも「いい美容整形の病院はありませんか」なんてよく聞かれます。

 

私も知っている範囲でアドバイスをしますし、サプリメントの紹介などもするようにしています。

 

吉田最近は、若い人の美容整形に関しては,精神面で問題がある場合がとても多いですし、私はひじように慎重な立場をとっています。

 

でも、中高年以降の場合は、美容整形の意味がちょっと変わってきますよね。

 

本人の精神状態がきちんとしていてじっくり考えて判断するのなら、若返りの医療というのはあってもいいかな、と思っています。

 

それで心身ともに元気になって、本人も周りもハッピーになることが実際にありますから。

 

田村婦人科はもちろん、精神科とか形成外科とか、いろんな科の先生とつき合うのは、中高年の女性にとって必要なことなんです。

 

これまで女性にとって、性ホルモンというのは診療でまったく意識されていなかった。

 

男社会でしたから「更年期じゃ死なないよ」というのが医者の言い方だったんです。

 

死ぬほどつらい思いをしてる人がいるにもかかわらず……。

 

女性はもっと、自分の生活を充実させるためにこの医療を活用していいと思いますよ。

血液中のエストロゲン値を測定すれば更年期かどうかがわかる。

吉田ところで、体調が悪いと感じたときに、それが更年期のせいなのかどうかを知る方法はあるんですか。

 

田村婦人科とか女性外来などに行って、血液の中の女性ホルモンの量を調べてもらうことですね。

 

その値が低ければ、まだ閉経はしていなくても、更年期に入っていることになります。

 

私も57歳のときに、はじめて調べました。

 

日常の診療で、エストロゲンの測定はしないんですね。

 

私自身も自分のエストロゲン量を調べるのははじめてでした。

 

閉経して5年たっていて、今思うと当たり前なのですが、10以下の数値だったんです。

 

ショックでしたね。

 

にわかには信じられなかったほど。

 

吉田それって相当低い数値なんですか?田村だって、50代の男性のエストロゲン値が、30いくつあるんですよ。

 

「女なのに、10以下ってどういうこと!」ってもうビックリして。

 

男性より女性ホルモンが少ないんだから、「もうやってらんないわ!」という感じ(笑)。

 

どうしてこうなるかというと、男の人も微量ながら脂肪組織とか副腎とかからエストロゲンが分泌されているんで女性の更年期には、とにかく急激にエストロゲンがヘるので、もともと微量だった男性よりも少なくなってしまう。

 

今、うちにいらっしゃる患者さんたちのエストロゲン値を測るでしょう。

 

そうすると、みなさんやはりショックを受けます。

 

でも、「あなたの症状は、まぎれもなく更年期からきているんです」ということを認識し、治療に参加していただくためには、この数字を認めてもらわなければならない。

 

シビアですよ。

 

吉田私も測ってみたほうがいいのかな……。

 

更年期の代表的な症状というのはほとんどないんですけど、肩こりがひどいんです。

 

これは仕事にも差し支えるので。

 

マッサージに通ったりしているんですが、そのときは少しラクになっても、またすぐにつらくなってしまって。

 

田村オーバーワークのせいならしかたがないけれど、更年期のせいなら、それなりの治療方法がありますから、一度測定をしてみるといいですね。

 

エストロゲンを測るにはコツがあります。

 

月経がちゃんとあるときには、ひと月の中でも波があるんです。

 

いちばん多く出るのは排卵期。

 

月経の前後は下がるので、そこらへんで測ると低い数値が出ます。

 

ですから、月経と月経の中間ぐらいで測ってみるといいですね。

 

あまり自信喪失しないかも。

男性中心ではなく女性の立場に立った医療が求められる時代。

吉田先生のお話をうかがっていると、女性のたお話をうカ力めの医療がもっともっと研究され、広まっていくベきだと感じます。

 

アイメイクに関してもそうなんですけれど、女性ならではの事情とか、考え方とかが、まだまだ軽視されている面がありますよね。

 

私のやっている仕事に関しても、「たかが顔じゃないか」とか「化粧なんかにうつつを抜かして」みたいな価値観が、とくに男性の間で根強いんです。

 

その「たかが顔」が、女性にとってどんなに大事なものなのか、アイメイクひとつで女性がどんなに元気になれるのかが、なかなかわかってもらえません。

 

田村女性の体と心は、男性と同じではありません。

 

それなのに、医療においては長い間、男性の体や心が基準になってきたんですね。

 

で、女性の体を男性と同じように考えて診断や治療をしてきた面があります。

 

たとえば更年期の症状としてひどい肩こりがありますが”肩が痛いんです」と言って病院に行くと、ただの肩こりで片づけられます。

 

どうしても痛くてたまらないと訴えると、「首の骨が変形しているんじゃないか」ということになる。

 

もちろんそういうこともあるかもしれないんですが、ある年代に達した女性だったら、更年期の症状の一つである可能性があるのに、それを考える医者はあまりいません。

 

もともと男性を基準に考えられた医療の基準を、なんの疑いもなく女性にも当てはめてしまうんです。

 

吉田医療の世界って、治療から先のことを考えていただくのは難しいのかな、と思うことがありますね。

 

たとえば顔に傷やあざなどのトラブルがある女性が、悩んだ末に病院に行きますよね。

 

皮膚科とか、形成外科とかに。

 

そうすると、その人がたとえば60歳だった場合、「その年なんだから、今さらもういいじゃないですか」というようなことを言われることがある。

 

実際、うちのスタジオに来る人に、そういう方が何人もいます。

 

みなさん、傷ついていますね。

 

だから私、医師や医学生向けにお話しする機会があると、そういう言い方は控えてくださいと申し上げるんです。

 

女性はいくつになってもきれいでいたいし、自分の顔がイヤだと心まで暗くなります。

 

そういう女性の気持ちに気づいてくださるお医者さまに、患者さんは期待されると思いますよ。

カバーするにも限界あり

今、たくさんの化粧品アイテムが市場に出ています。

また、どの女性誌を開いても、メイクの特集には大きなページが割かれています。

美しくなるための情報が満載。

誰もが自分が望む「美しい顔」に変身できそうです。

実際、若い方を始め、皆さんがとてもメイクがお上手な事は、日々、多くの女性と接している私もよく知っています。

けれど、どんなに上手なメイクでも、カバーしきれないのが目の周りのため事です。

とりわけ中高年層になると、加齢による皮膚の衰えをメイクで隠すのはとても難しいのです。

※メイクに頼らない目元

目の周りは複雑です。

上まぶたの上下、下まぶたの上下、そして目頭目尻と、それぞれに皮膚の状態も形状も違います。

目の周りは、瞬きや表情の変化とともに、よく動きます。

それだけメイクの仕方も複雑になります。

以前は綺麗な二重だったのが、細かなシワが何本も入った。

あるいは、まぶたの皮膚が下垂した。

となると、マスカラやアイラインもなかなかうまく使えません。

くすみやシミ、クマをファンデーションの色やコンシーラーなどで隠そうとしても、程度によっては限界があります。

また小じわが多いと、ファンデーションも肌にきれいになじみません。

重ねてつけると、かえってシワやたるみを目立たせてしまって逆効果ですよね。

濃いメイクで目の周りに過度に刺激を与えると、それ自体が目の皮膚の老化を早めてしまう結果にもなりかねません。

だからこそ、メイクに頼らない美しい目元が理想なのです。

Amazonレビューでも高評価のアイキララなど、アイクリームで根本的なふくらみ対策を取り入れるのも1つの手と言えるでしょう。

老け顔は目元で作られる・老け役のメイクとは?

女優さんは、様々な役を演じます。

自分とは異なる年齢の役もやれば、若い時から歳をとるまでの一生を演じることもあります。

実年齢よりも老けた人物像を表すとき、変身のポイントはメイキャップです。

老けた顔を作るには、上まぶたを腫れぼったく食べさせ、目の下が膨らんだように見える線を入れて影をつければ、それだけで20代の女優さんが一気に70代になります。

絵でも同様のようです。

あるイラストレーターは、中年女性を描くとき、鼻から頬、そして目尻と目の下、この3箇所に線を入れるだけでオーケー、老け顔が出来上がると言っていました。

メイクで目元の老化をカバーするのは難しいけれど、老け顔作るのは簡単なのですね。

※目元年齢の若い人、老けた人

まだ若いのに、実年齢よりもずっと老けた印象を受ける人もいれば、一方、中高年になって、歳よりもずっと若く見える方もいます。

顔よく見てみると、どちらも目元に訳があることがわかります。

加齢による目元の変化には個人差があるけれど、少しでも若々しい目元を保つことが、歳を重ねてなお美しく、の秘訣である事は間違いありません。

この人、何歳?

私は毎日、目の周りの美容診療を中心に行っています。

10代から80代の方まで、幅広い年代の様々な女性たちの顔を見ています。

そうした経験上、人の目元を見れば、すぐに年齢を言い当てることができます。

皮膚のたるみ、くすみなど、加齢に伴う変化が目元に現れていて、そのため、上手にメイクをしていたとしても、年齢は一目瞭然なのです。

専門家の私が分かるのは当然として、皆さんも無意識に相手の目の周りを見ながら、

「この人はこのくらいの歳かしら…?」

「あら、一見、若く見えるけど、実はもっと年齢が行っているかも」

と、判断しているのではないでしょうか。

※歳だから…とは言え

法令線や口元のマリオネットラインと呼ばれる深いしわ、たるみ、肌の状態など、顔の中で年齢がはっきり現れるところはいろいろあります。

そうした中で目の周りは、人と人とがコミニケーションをする上でも、特に視線がいってしまうところですよね。それだけに、「歳だから仕方ない」と思いつつも、女性としては、とても気になってしまいます。

※目元がふけると…

※昔はこんなじゃなかった

「10代、20代の頃はあんなに目がパッチリしていて、表情もはつらつとしていたのに」

…若い頃の写真と今の自分の顔と見比べてがっかり。

「いつの間にこんな浮気顔になってしまったのかしら」と、しみじみ。

加齢に伴って体のあちこちが変化してくるのは仕方がないとしても、いつまでも若々しくありたいと願う女性にとっては、「老けていく」のは少しでも先に延ばしたいものです。

※輝きを失って

目元には年齢が現れます。

目の周りのシワやたるみ、くすみなど、それそのものが老けた感じに見えるのはもちろんですが、それだけではありません。

上まぶたがたるんで目に覆い被さることにより、目の開きが小さくなったり、あるいは、目が落ち窪んだように見えたり。

また、目の下のくすみやシワが、目が放つ光を妨げたりします。

そうしたことによって、目元全体の印象が暗くなり、顔も明るさや輝きを失ってしまう。

それがいっそ「歳」を感じさせてしまうのです。

※根本はどこよりも早く歳をとる

※目の周りはデリケート

目の周辺は顔の他の部分と比べて皮下脂肪が少なく、皮膚がとても薄くなっています。

その薄さは、顔の他の部分と比べて3分の1から4分の1ほどしかありません。

しかも、皮脂腺が少なくて皮脂もほとんど分泌しないので乾燥しやすい。

とてもデリケートな場所なのです。

したがって、ハリを失いやすく、たるみやシワもできやすいのです。

※ダメージを受けやすい

しかも、目元は顔の中でもとりわけ動きの多い所です。

普段、意識してはいませんが、目の周りがとてもよく動いているのです。

瞬きはもちろんのこと、笑ったり、見開いたり、しかめたり…、表情の変化とともに目の周りの皮膚や筋肉も絶えず動き、負担がかかっています。

皮膚そのものの衰えはもちろんのこと、それに加えて長年の酷使による皮膚へのダメージなど、デリケートの根本は加齢による影響を、顔のどこよりも早く受けているのです。

※衰える目元のメカニズム

※緩む皮膚

薄くて乾燥しやすい目の周りの皮膚は、加齢に伴い、ハリを失い、たるんだり、シワができたりします。もう少し説明しましょう。

目の周りは、眼球守るために脂肪に覆われています。

加齢によって皮膚が薄くなってくると、その脂肪を支えきれなくなって緩んだ上まぶたが、脂肪ごと目に覆い被さるようにタルみます。

そして、たるんだあとの箇所はくぼんで痩せたようになり、黒ずんだ感じになります。

※脂肪の膨らみ

目の下も同様に、皮膚が間延びしたように頼みます。

また、眼球は靭帯によってつるされているのですが、加齢によってこの靭帯が緩んでくると、眼球も加水し、それに伴って、目の下にある脂肪が圧迫され、浮き出るように膨らみます。

そのため下に影ができ、これがいわゆる目の下のクマとなります。

加えて、年齢を重ねるうちに、頬も張りを失い、顔全体がたるんで扁平気味になります。

そうした中、目の周りの飛び出た脂肪やクマがより目立つようになり、老けた印象となるのです。