shadow

カバーするにも限界あり

今、たくさんの化粧品アイテムが市場に出ています。

また、どの女性誌を開いても、メイクの特集には大きなページが割かれています。

美しくなるための情報が満載。

誰もが自分が望む「美しい顔」に変身できそうです。

実際、若い方を始め、皆さんがとてもメイクがお上手な事は、日々、多くの女性と接している私もよく知っています。

けれど、どんなに上手なメイクでも、カバーしきれないのが目の周りのため事です。

とりわけ中高年層になると、加齢による皮膚の衰えをメイクで隠すのはとても難しいのです。

※メイクに頼らない目元

目の周りは複雑です。

上まぶたの上下、下まぶたの上下、そして目頭目尻と、それぞれに皮膚の状態も形状も違います。

目の周りは、瞬きや表情の変化とともに、よく動きます。

それだけメイクの仕方も複雑になります。

以前は綺麗な二重だったのが、細かなシワが何本も入った。

あるいは、まぶたの皮膚が下垂した。

となると、マスカラやアイラインもなかなかうまく使えません。

くすみやシミ、クマをファンデーションの色やコンシーラーなどで隠そうとしても、程度によっては限界があります。

また小じわが多いと、ファンデーションも肌にきれいになじみません。

重ねてつけると、かえってシワやたるみを目立たせてしまって逆効果ですよね。

濃いメイクで目の周りに過度に刺激を与えると、それ自体が目の皮膚の老化を早めてしまう結果にもなりかねません。

だからこそ、メイクに頼らない美しい目元が理想なのです。

Amazonレビューでも高評価のアイキララなど、アイクリームで根本的なふくらみ対策を取り入れるのも1つの手と言えるでしょう。